片付けコラム

整理収納アドバイザーの家に無いもの7選

片付けのプロの家に無いモノ

整理収納アドバイザーとしていろいろなご家庭にお伺いしていますが、

意外と『固定観念』で持っているというモノも多いのです。

片付けのプロである私の家に置いていないものをご紹介します。

 

もちろん、こちらで紹介しているモノを持っていてはいけないというわけではありません。

何を持って何を持たないかは人それぞれです。

 

この記事を見て、「確かに無くても良いかも!」とみなさんの暮らしのヒントにしていただければ嬉しいです。

1.来客用のお皿

お皿

お皿を来客用と普段用に分けることをやめました。

「お客さん用に良いモノを」ではなく、毎日の自分のために良いモノを使うようにしています。

お皿が足りなければ使い捨ての紙皿などで対応します。

2.シーツなどの替え

シーツ

シーツや枕カバーは1セットだけ。

なぜなら、洗ってすぐに浴室乾燥機で乾かせば夜には乾いているから。

1セットあれば十分暮らしていくことができます。

3.マット類

キッチンマット

キッチンマットやバスマット、トイレマットや便座カバーは基本的に置いていません。

マット類がないことで掃除がしやすくなり、ホコリなども溜まりにくくなります。

4. バスタオル

ビックフェイスタオル

バスタオルをやめ、ヒオリエのビッグフェイスタオルを使っています。

コンパクトで洗濯物の量が減りますし、触り心地もふかふか出し、よく水を吸ってすぐ乾きます。

5.一軍以外のお洋服

ハンガーを揃える

知り合いに会ったら恥ずかしいと思うような二軍以下の洋服は手放しました。

いつでも自分に自信を持って、自分を好きになれる一軍だけの洋服で暮らしています。

6.プラスチックの保存容器

以前はタッパーを使っていましたが、最近は耐熱ガラスの保存容器を使っています。

調理にも使えますし、汚れも落ちやすく、お皿として出すこともできます。

7.各部屋のゴミ箱

リビング

各部屋にゴミ箱を置くのをやめ、リビングとキッチンだけに置いています。

朝家中のゴミを集める必要がなくなりました。

意外と各部屋にゴミ箱がなくても暮らしていけますよ♪

無くても良いもの見つかりましたか?

今回、整理収納アドバイザーの市川ゆみの自宅に置いていないモノをご紹介させていただきました。

皆さんはいかがでしたでしょうか?

これを参考に、あれ必要だと思ってたけど、やっぱりいらなかったかも?というヒントになりましたら幸いです。

 

そして、固定観念の影響は片付けだけではありません。

日々なんとなくやっていた家事も、もしかしたら必要なかったかも?やめられたかも?というものがあると思います。

こちらの記事も参考にしてみてください。

やめた家事リスト
時短家事のプロが『やめた』家事をまとめました。これは無くても暮らせたリスト【決定版】家事はなかなか見直す機会がなく、環境やライフスタイルが変化しても、ずっと同じ家事を繰り返しがちです。普段当たり前にやっている家事が『無くてもよかったかも?』ということはよくあります。この記事では時短家事のプロがやめた家事をリスト化しました。...
整理収納アドバイザー2級認定講座

NPO法人ハウスキーピング協会認定の1日で取れる資格講座です。

基本的な “整理の考え方”、具体的な “整理の方法”、実践的な “収納のコツ” を事例を交えて詳しく学ぶことができます。

『新宿の対面講座』または『全国どこからでも自宅から受講できるオンライン講座』が選べます。

詳しく知る

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA