片付けコラム

溢れたクローゼットとおさらば!洋服を増やさない7つのポイント

洋服を増やさない7つのポイント

衣類は家の中でも特に増えがちなアイテムですが、何枚持っていればOKという正解もないのでなかなか減らない。

そこで、これ以上お洋服が増えないように意識したいポイントを7つご紹介します。

日々のちょっとした心がけで洋服の量をうまく調整しながらおしゃれを楽しみましょう!

1.すぐに買わない

洋服は欲しいと思って衝動買いすることを避けます。

衝動買い

私は、1週間くらいは時間を開けて、

  • 本当に欲しいのか?
  • どんな時に着れるのか?
  • コーディネートできる洋服はあるのか?

をしっかり考えます。

時間を開けるだけで冷静になり、衝動買いを防げます。

2.安いからの理由で買わない

洋服はなんのためにあるのかというと、「着る」ためです。

着るための理由で買うのではなく、「安い」という理由で買ってしまうと、安く買えたことに満足してしまうのです。

セール

これを整理収納アドバイザーは「置き換え」といいます。

洋服を買っているつもりでも、実は50%割引で洋服を買えるという「お得感」を買っているのです。

セールに行った時は、その服が定価でも欲しいのかを考えましょう。

3.必ず試着する

洋服はデザインだけでなくサイズ感なども大事ですよね。

実際に着てみたら印象が違ったという経験もあると思います。

試着

ちょっとめんどくさくても、必ず試着するようにしましょう。

4. 1枚買ったら1枚以上手放す

洋服を1枚買ったら1枚手放す。

1枚以上手放せるとより良いです。

1つ買ったら1つ捨てる

洋服は意識しなけえれば増え続けますから、買うタイミングで減らしていきましょう。

これは、より質の高い買い物にも繋がります。

なぜなら、この洋服を買うために1枚は手放さないとしたら、手放す洋服よりもより上質な服・気に入った服を買いたいと思いますよね。

1枚買ったら1枚以上を手放すようにすれば、あなたのクローゼットの中身はより充実するのです。

5. ハンガーの数を決める

いつの間にか洋服の数が増えていたということが起きないように、ハンガーの数を決めるという方法もあります。

ハンガーを揃える

洋服を何枚持つと数えるのはめんどくさいですが、かけるハンガーがまだあるか・ないかで判断できれば楽チンです。

ハンガーは増やさず、足りなくなったら洋服を減らすようにしましょう。

6. 自分のお気に入りを理解する

洋服は一軍(お気に入り)だけにしましょう。

どれが一軍で、どれが二軍かを見つめていくと、自分が本当にお気に入りの洋服が分かってきます。

意外とクローゼットの中をみてみると、本当にお気に入りの洋服って限られているんです。

自分が本当に何が好きで、どんな洋服だったら着るのかを理解することができれば、買ったけどやっぱり着なかったという失敗が減ってきます。

7. 量より質にこだわる

洋服は質が違うだけで印象がかな変わります。

たくさん持つのではなく、上質なものを少量持つ暮らしを楽しみましょう。

洋服を選ぶ

ただ、「流行物」はプチプラブランドがオススメ。

なぜなら、流行りはすぐに廃ってしまうから。

着れる「賞味期限」が短いトレンドものは、1シーズン着れば十分元が取れて手放しやすいほうが良いのです。

質と量にメリハリをつけましょう。

洋服を増やさないことで暮らしの質が向上します

洋服を増やさないと、なんだか寂しいと思われるかもしれません。

でも、この記事で紹介した7つのポイントを見ていただくと気づいていただけると思いますが、実は厳選した方がより暮らしの質は向上するのです。

今までなんとなく買って増えていたクローゼえっとから、自分が着たい・好きと心から思える洋服だけに厳選されたクローゼットになるのです。

コーディネートに迷う必要もなくなりますし、今日着る服がない!なんてこともなくなります。

本当のお気に入りだけで暮らして、おしゃれをもっと楽しみましょう!

整理収納アドバイザー2級認定講座

NPO法人ハウスキーピング協会認定の1日で取れる資格講座です。

基本的な “整理の考え方”、具体的な “整理の方法”、実践的な “収納のコツ” を事例を交えて詳しく学ぶことができます。

『新宿の対面講座』または『全国どこからでも自宅から受講できるオンライン講座』が選べます。

詳しく知る

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA